契約中にレンタル料以外に発生するとすれば、どんな費用ですか?

Answer
故意又は通常の使用方法外での使用による破損や故障、商品部品等の不足、汚れ(クリーニング不可の状態)があった場合は、商品代金と配送料のご請求をさせていただきます(※規約上は天災もお客様ご負担となっております)。

 また、物件の保険規約によっては、補償対象とされている場合もありますが、こちらについてはお客様の加入されている保険会社へお問い合わせ下さい。

  1. 故意又は通常の使用方法外での使用による破損や故障、紛失時
  2. クリーニング・メンテナンスで落ちない汚れをつけてしまった
  3. 上の階で火事にあってしまい、製品が水浸し。(家財保険加入されている場合で、什器備品の項目が入っているようでしたら、保険が適用される場合がございます。)
  4. コンセントを引きちぎってしまった。(ペット等による商品破損、無理に引っ張ってしまったなど)
  5. 転売をしてしまった。
  6. お客様のご都合による商品の交換。但し、納品から7日以内の申告があった場合で、故障以外で商品が納品先の環境では十分にその機能を発揮出来ない場合に限ります。
    例えば照明器具をレンタルしたが、納品先に既に照明器具が設置されていたり、カーテンをレンタルしたが長さが合わなかったりという場合に商品交換代金と配送料・設置料が発生致します。他、使用者が変更になる場合は布団・ベッド寝具・こたつ布団の交換なども同様です。

他にも原因や理由はありますが、まずはご相談下さい。